top of page

​サロンワーク

ショートボブや縮毛矯正。メンズカットからデジタルパーマまで。

私のサロンワークの実態をブログ形式でご案内します

「白髪はしっかり染めたいけど明るくしたい」→3色で塗り分ける

1「白髪はしっかり染めたいけど明るくしたい」.jpeg

こんにちは!!

 

ハイビラ武蔵小山の古川です(^^)

 

 

「白髪はしっかり染めたいけど明るくしたい」ケースのご紹介です!

今回は

根本暗め【6レベルのナチュラルブラウン+アッシュブラウン】

中間明るめ【10レベルのアッシュカラー】

毛先もっと明るめ【14レベルのハイトーンアッシュカラー】

 

の3色を塗り分けました。

 

【ちなみに】

暗い→→6→→10→→14→→明るい

業務用カラーは一般的に暗いのが数字が小さく、明るくなるにつれ数字が大きくなります。

 

 

キレイに染まりましたね(^ ^)

仕上げはオーガニックトリートメントをしたのでツヤツヤになりました♪

【縮毛矯正】強いくせっ毛のショートボブ。形が崩れないように、かける前にカット

2【縮毛矯正】強いくせっ毛のショートボブ.jpeg

少々強いクセっ毛のお客様です。

 

ある程度髪が伸びてきても、ヘアスタイルが崩れないような形にカットして、しっかりと縮毛矯正をかけました。

 

ご来店時は肩くらいの長さがあったので、縮毛矯正をかける前にカットをします。

クセが出ていて、形がわかりにくいですが、仕上がりをしっかりイメージしてカットします。

 

ここでしっかりとカットをすると、自然な感じに柔らかく仕上がりやすくなります。

 

 

そして、縮毛矯正の施術開始です。

毛先は傷まないように保護トリートメントを塗ります。

襟足から縮毛矯正剤を塗って、そのまま全体を塗り終えて、少し時間を置きます。

 

 

ここで縮毛矯正剤が効いていないとクセが全く伸びないので、チェックして様子を見ます。

良さそうなので、シャンプー台で流します。

 

 

縮毛矯正剤をしっかりと流し終わったら、髪の水気を取り、ドライヤーで完全に乾かします!!

完全に乾いたら、ストレートアイロンで真っ直ぐに伸ばして形を作ります。

 

 

フェイスラインと前髪は、髪が細くて傷みやすいので、160℃でアイロン。

他はしっかりと伸ばしたいので、だいたい180℃でアイロン。

アイロンの温度を変えることで、ダメージと形をコントロールしやすくなります。

 

毛先がピンピンにならないように、内巻きになるように毛先を丸めて仕上げます。

 

アイロンが終わったら、縮毛矯正の第2剤を全体にしっかりと塗って馴染ませて、シャンプー台で流したら出来上がりです。

【メンズカット】ハンサムショート→真ん中分けで前髪も長め。

3【メンズカット】ハンサムショート.jpeg

最近流行りのセンターパートのハンサムショートです。

 

 

夏になり、気温も30度を超え、髪の毛が鬱陶しくなる季節です。

 

 

上の方は、真ん中分けで、爽やかさを演出。前髪も長めです。

下の方は刈り上げ気味に、スッキリさっぱりとカットして、メリハリをつけました。

 

 

カッコよく仕上がりました♪

bottom of page