top of page

【デジタルパーマ】髪質に合った最適なパーマ剤選びが重要です

デジタルパーマは美容室によっても施術方法が異なることもあり、一般のお客様方には少し(かなり?)わかりにくいと思われます。

 

そこで、当店のデジタルパーマについての流れをなるべく簡潔に、わかりやすく、施術の手順に沿って説明してまいります。

 

 

 

まずシャンプー。軽く汚れを落としつつ髪を濡らします。

 

 

ウェットカット(後でする場合もあり)

 

スタイルや髪質に合わてカットします。

 

 

パーマ剤塗布。髪質に合わせて4種類のデジタルパーマ剤から最適なものを選んで塗ってゆきます。

 

 

パルッキーのモルビドスチームで髪に負担をかけないようにパーマ剤を馴染ませていきます。

1デジタルパーマ剤塗布.jpg

 

髪に効き目が出るまで自然放置

 

 

シャンプー台で流す

 

 

席に戻ってデジタルパーマ専用のロッドでワインディング(巻く)

 

写真は巻き上がりの状態です。

2デジタルパーマのロッド巻いた状態.jpg

 

機械に繋げて10分ほど温めてゆきます。おおよそ60℃から80℃くらいになります。

3デジタルパーマ機に接続し加温.jpg

 

ロッドアウト(巻いたのを外す)

 

しっかりとかかりました。

 

これであとは2剤をつけて完全にカールを固定させたら出来上がりです。

5デジタルパーマかかりました.jpg

 

シャンプー台で2剤塗布

 

 

そのまま流す

 

 

席に戻ってマッサージして、ハンドドライ(乾かす)

 

 

ドライカットをして仕上げる

 

 

◎終わり◎

 

 

 

です!

 

 

 

 

 

他のパーマでも同じことなのですが、痛ませずにキレイにデジタルパーマをかけるには、『髪質に合わせて最適なパーマ剤を選んで使う』ことが、まず一番重要なポイントになります!ここで失敗するとその後にいくら頑張って色々やっても挽回できないので、美容師の今までの経験が活かせるところでもあり、腕の見せ所なのです。

 

そして、私の得意とするところでもありますので、どうぞお任せください。

 

 

 

 

 

デジタルパーマをやったことある方。初めてやってみたいと思っている方。ぜひハイビラのデジタルパーマをお試しください!!

bottom of page